<   2014年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

一年の締めくくり!頑張ったご褒美に、同級生4人で真乃文さんへ♪

d0144092_18312184.jpg

先付けに青柳の黄身酢和えに、茶碗蒸しにはブロッコリーが入っていましたよ。
とろんとした舌触りで、身体が一気に温まりました。


d0144092_18314631.jpg

お造りに、鰤の塩焼き、鯛のかぶら蒸し。
旬のお魚の美味しいこと!


d0144092_18352360.png


2種類から選べる土鍋ごはんは、鯛飯をチョイス。
立ち上がる湯気から香る、甘くて香ばしい香りがたまりません!


d0144092_18315730.jpg

白子に、先ほどの鯛飯と赤出汁。赤出汁はお店によって味に差があるけれど、真乃文さんのは流石のお味!
赤出汁で塩分を沢山とったせいか、締めのアイスクリームが口直しにぴったり。

ご主人は、加賀料理のお店で修行されていたそうです。
久々に美味しい日本料理を頂きました。
日本人で良かった♪



d0144092_5112677.jpg

店内にも貼ってあったこちらのメニュー。
芹好きにはかなり魅力的!
誰かご馳走して〜〜
[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-26 04:36 | :沼津

あかなし

d0144092_4125482.jpg

いつものお通しに、本日のおすすめは、牡蠣と帆立とサーモン(ざっくり、笑)
寒かったけど、とりあえずビールで乾杯!

d0144092_412549.jpg

定番のクリームチーズにホッケの燻製は、さっぱりとスパークリングの白で♪
ホッケは必ず注文するド定番です!

〆はリゾット!
写真ないけど、何味か忘れたけど(笑)美味しかった〜♪

女子率高しな、イタリアン居酒屋。(私たちも一応女子だから〜)
この日は早い時間から満席で、9時からは貸し切りでした。
さすが忘年会シーズン!

[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-24 02:59 | :沼津
d0144092_17535645.jpg

大量に作ってしまったおでんが残った時はアレンジに限りますよね~
味がしみて美味しくなった具や汁で作るから、何に変身させても美味しいです♪

味しみおでんの天ぷら
d0144092_17533170.jpg

基本的に、おでんの具ならなんでもOK!
今回は大根と蓮根の天ぷら。
特に大根が大好きで、この天ぷらを作るために多めにおでん大根を仕込んでいます(笑)。

おでん茶碗蒸し
d0144092_17534098.jpg
うっかりすが入ってしまいました(お恥ずかしい・・・)

残ったおでん種と汁を使った茶わん蒸し。

おでんタコめし
d0144092_17534723.jpg

別鍋で煮たタコの煮汁にたっぷりの生姜を入れて炊き込みます。
炊き上がったら、小さめに切ったタコを入れて蒸らせばOK!
この要領で、おでんの具で炊き込みご飯も作る事もあります~
[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-23 18:33 | るる姉食堂
d0144092_15141657.jpg

REFSで買ってきた3種類のカラフルなミニ人参と蕪ので、クロワッサンに載っていた「豚肉と野菜の白ワイン煮込み」を作りました。
野菜はすべて無農薬だから、皮ごとお鍋にin!
紫人参も入れたら色合いが濃くなってしまったけど、じっくりと煮込んだので、お肉と野菜から良い出汁がでて滋味深い味に仕上がりました。

生の人参の端っこをかじったら、ものすご〜く甘くて美味しかったから、次はお勧めのバーニャカウダで頂きたいな。

その他のメニュー
d0144092_17354694.jpg

イカとレンコンのマリネ
友達の家で頂いたものが美味しかったので、タコをイカに代えて作りました。
ガーリックが効いて美味しい。
寒いのは嫌だけど、根菜が美味しいのは良いわぁ〜♡

d0144092_17355261.jpg

ツナとセロリのサラダ。
味付けは、白だし+酢+柚子こしょう。

白だし+酢の組み合わせがお気に入り。
2種類でさっぱり和えても良いし、ごま油やラー油に梅肉や練りごま等々。いろんなものでアレンジすると新たな発見があって楽しいです。

後は、白菜の酢漬けに、夫には鯵の干物と言うアンバランスな食卓。
やっぱり日本人ですな(笑)
[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-23 03:43 | るる姉食堂
必ず入れるのは、大根・玉子・昆布の3種類。
これはどこの家庭でも鉄板ですよね!
昆布が大好きなので、出汁をとった後の昆布を冷凍して貯めていて、冷蔵庫を開けるたびにニンマリしています(笑)

おでんの具いろいろ(登場率を%で記しています。笑)
d0144092_20271382.jpg

☆黒はんぺん80%:いわし粉をかけて、しぞーかおでん風にいただきます。
☆にら50%:今年行った福岡のおでん屋「悦」で食べてから大のお気に入りになりました。テーブルに運ぶ直前にささっと汁に浸してシャキシャキと食べます!
☆煮だこ60% おでん汁の色が変わらない様に別鍋で茹でて仕上げに入れています。柔らかくてマイウー♪


d0144092_20272084.jpg

☆牛スジ95%:すぐに使える様に、大量に下茹でし冷凍保存
☆玉ねぎ70%:今年になって、何気に入れてみたら凄く美味しくてびっくり!切らずに丸のまま煮ます。甘くて美味しい〜♪
☆手羽先20%:牛スジを切らした時。最近は欲張って牛スジとWで入れる事も多し(笑)。

d0144092_20272478.jpg

☆トマト30%:冷蔵庫にある時は必ず。夫は食べません。
☆糸こんにゃく90%:束が大きくてボリュームのあるタイプがない場合はこんにゃく。
☆竹輪かなると90%:結婚して20年になりますが、この2種類が夫の好物だとしったのが3年ほど前。以来、どちらかは必ず入れてあげます。予算的にお得な竹輪の方が多いです(笑)
☆もち巾60%:カロリーが怖いので、もちの他に野菜でカロリーダウンさせる場合も多々有。

先日、マツコの番組で、カマンベールチーズを入れた巾着をマツコが絶賛していたので作ってみたけど、カマンベールの量が少なかったのか、いまいち感動がありませんでした。
アボカドも美味しいそうなので、次は挑戦してみたいと思います!

d0144092_20272955.jpg

☆豚足5% 豚足が大好きな夫の為に、数年に1度作ります。
味はいつもの関西風だけど、盛りつけは沖縄風に大きなお皿にてんこ盛り(笑)

d0144092_20273325.jpg

薬味は、練りからし・柚子こしょうに・いわし粉の3種類。
いわし粉は、あおさといわし干しの粉を混ぜた静岡では定番のもの。
しぞーか(静岡)おでんの定番黒はんぺんには必ず振り掛けて食べます。

ちなみに、しぞーかおでんは、牛すじがメインで濃い口しょうゆで味付けしたもの。
見た目は黒くてこってりしして良そうだけれど、食べてみると意外とあっさりしていてまろやか。

おでんは、2回か3回に分けて食べますが、さらに残った具はアレンジして別のメニューに変身させま〜す!

おでんネタ、まだまだ続きます(笑)
[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-20 19:13 | るる姉食堂

やっばおでんだね!

今日も寒いですね〜。
こういう日は、おでんが恋しくなります。
という訳で、今年すでに4回作った我が家のおでんについて。←どーでもいいか(笑)
d0144092_19164577.jpg

食いしん坊だから、どうしても無理やり詰め込んでしまう??

前の写真にあった様に、おでんはルクルーゼの27cmオーバルで仕込み、食べたいものを土鍋に移し替え再度温めて熱々を食卓に出し、その後は残りの具を全て土鍋に入れる様にしています。

d0144092_19164179.jpg

味つけは、昆布とかつおぶしたっぷりの出汁に薄口醤油+塩・酒・みりんの関西風。

iPononeだから画像がイマイチですね。
次回のおでんは、横着しないでデジイチでちゃんと撮ろう!


[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-20 16:47 | るる姉食堂
d0144092_18275667.jpg

美味しいフルーツサンドは全国津々浦々沢山あるだろうけれど、CPの高さではNo1でしょう!
甘さ控えめのクリームに旬のフルーツがどっさり♪
ランチ後でもペロリと食べられてしまうから不思議なんだな~

前回の記事←すごく美味しそう!ポプラにはデジイチ持参で行かないともったいない!!


こちらも気になる…

サンドイッチ繋がりで、今一番気になっているのが、札幌『さえら』のたらばがにサンド!
いつか食べてみたいなー。



[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-13 18:28 | :静岡
d0144092_21283777.jpg

久々の紅茶とお料理のレッスンは、イギリス料理。
噂で聞いていた、香菜入りの英国風キャロットスープにフィッシュパイ、柿とスモークサーモンにローストポークetc
デザートは、N先生の手作りスィーツ5点盛りです。あぁ、幸せ♡

今回飲んだ、ダージリン2ndFは今までにない柔らかくて爽やかな渋みと甘い香り。
2杯目のティサンズ湯河原BCHは、ふわっと香る甘いお花の香りがとっても美味しかったです!

8ヶ月振りにやっと参加できた教室だけど、残念ながら今回が最終回。
N先生、お疲れ様でした。
しばらくはゆっくり休んでいただいて、来年からはスポットでやって頂けると嬉しいなぁ。出来れば月一で〜(笑)



[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-13 18:11 | ならいごと
おでん裏技シリーズ(笑)
第2弾は、おでんにはつきものの玉子!

新しい卵から茹で卵を作ると、上手く殻が剥けずに白身が汚くなりますよね。
それが悲しくて、以前は茹で卵の為にある程度日にちが経つまでまってから作って たりしていたけど、この方法を知ってからいつでもおでんが作れる様になりました。

d0144092_2353286.jpg

方法は簡単です。
卵の尖った側に、待ち針を刺して穴を開けるだけ。
あとはいつも通りに茹でれば完成です。
笑っちゃうほどつるんと剥けますよ。

おでんたまごの裏技その2
長時間煮込んでも、柔らかい味染みたまごを作る裏技。
d0144092_2353473.jpg

茹でたたまごに大根おろしを絡めて30〜40分おいたものを使うと、煮込んでも白身が固くなりません!

注意点は、おろしたての大根おろしを使う事だそうです。
理由はTVでやっていたけど忘れちゃった(笑)。

また寒波が来るそうななで、この週末はおでんを囲んで暖かくなって下さいね〜
[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-12 03:55 | るる姉食堂

おでん仕込み中

鍋料理の中でもダントツに登場回数の多いおでん。
うちなんて、今シーズンすでに4回目!
一度作れば2.3日食べられるから楽ちんですよね〜

そんな訳で、おてん裏技
このブログにも何度か登場している、発泡スチロールでの保温調理です。

d0144092_17283789.jpg

グラグラと沸騰した状態のおでんを、タオルで包み発泡スチロールの中にイン!

d0144092_1726060.jpg

朝仕込んで夕方には出来上がり〜♪
お鍋も温かいから、再加熱のガス代節約にもなるし一石二鳥。
煮物は、温度が下がる段階でゆっくりと味がしみていくので、この方法は理にかなっているんですよねー。

このアイディアは、10年位前に京都の働くカリスマ主婦のmayuちゃんに教わってから、冬のお楽しみになってます!
[PR]
by haru-ajisan | 2014-12-12 03:25 | るる姉食堂

海と山と富士山のある沼津での美味しい暮らし♪


by るる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31