<   2013年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

年末バタバタ

はぁ~い、今年もひとり年末ドタバタ大会開催中です~(笑)
今年は忙しすぎて、クリスマス感ゼロのまま年末に突入してしまいました。
あ、でも忙しさ度合いで言ったら皆さんの方がずっと忙しいと思います。
私は普段のツケが回ってきただけだ~か~ら~~(自業自得・泣)

ダイエット中だと言うのに、12月に入ってから忘年会という名の飲み会が多くて
コントロールするのが大変だったけど、今の所、最高減量時より+1キロをキープ中。
みんなと一緒の外食は楽しく美味しくがモットーなので、人一倍食べて飲んでいた割にはまあ良いかな。
1月5日まではこれ以上増やさない様に頑張ります!

美味しい年末ダイジェスト♪
d0144092_1928521.jpg

和菓子教室で、練り切りのデコレーションケーキを作りました♪
飾り方によって雰囲気が変わりますよね。
これ、中身は黒餡とクリームチーズなんです!
美味しくないわけがない~♪



d0144092_1929398.jpg

TIME日産鑑賞会を兼ねた忘年会。
今回は午後の2時から始まり夜中の2時まで、12時間と言う長丁場(爆)。
ボスが作ってくれたオードブルに、本場博多水炊き鍋&ケーキはターブルクドウの栗のビッシュドノエル。
もう本当に美味しくて楽しくて、お酒も進むよ進くん~♪ (そして現場はかなりカオスと思われ・爆)
これもひとえに、ボスのご家族のご理解があるからこそ。
本当にいつも感謝しています!そして、これからもよろしくお願いします(笑)。



d0144092_19292557.jpg

富士山西側方面マダムの間で大人気の豆もやしご飯は、お友達のS美ちゃんが火付け役!
10キロ痩せたら作ろうとと思っていたのに、立て続けにみなさんがブログに載せるものだから我慢できなくなっちゃいました。
もやし臭くならないのか?とか、水っぽくならないのか?とか思っていたけど、臭みも水っぽさもゼロ!
もやしごはんではなく、豆ごはんと思えばいいみたい。
本当は、ピリ辛のヤンニョムジャンと一緒に食べるみたいだけど、甘辛のお肉とも相性バツグンです。

豆もやしごはん(私バージョン)
米・・・1.5号/豆もやし・・・1袋/塩・・・少々/酒・・・少々
↑ごはんにお塩とお酒を入れて、上に豆もやしをのせて炊くだけです。
お豆から出汁が出て美味しいー!
つけ合せには、今回はコチュジャン味のピリ辛牛肉炒めと、下仁田ネギのナムル。
これを一緒に混ぜ混ぜしていただきました。
今回は、ちょっとお肉が主張しすぎたので、
皆さんの様にヤンニョムジャンは牛挽肉のそぼろの方が本来の豆もやしご飯の味が行かされるかも。
10キロ減ったらご褒美に又作ろうっと~♪


d0144092_1929129.jpg

今年最後の忘年会は、三島のKURUHAでオサレ面子の面白忘年会!
Mちゃん、飛ばしてたなー(笑)。
この調子で新年会もぶっ飛ばしてね~~(大笑)。
KURUHAさんのお料理は、相変わらず優しい味付けで美味しい!
揚げ餅や白味魚をしゃぶしゃぶして食べるみぞれ鍋が最高に美味しかったです。
美味しくて雰囲気が良くて感じも良いって、そんなお店そう滅多にないですよね!



他にも美味しい写真が沢山あるけど、年内エントリは厳しいかな~~
昨日の夜は、ライビュを観に清水まで行ってきました。
夜中に帰って義母から預かっていたわんこと一緒に寝たら、
わんこが布団を占領するもんだから寒くて寒くて・・
すっかり風邪を拗らせてしまったので、残念ながら今晩の予定はキャンセルしちゃいました(涙)。



【東方通信】
10周年の事やらチケットの事やらカムバやら・・・
書きたい事だらけなのにタイムオーバーになっちゃいました。
続きはまた来年♪
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-28 20:24 | 日々のくらし
沼津港の芹沢パッケージさんに注文してあった小さな梅の抜き型が届いたので、
三杯酢に漬けておいた桂剥きで、先日の創作おせち教室で習った紅白なますを作ってみました。

d0144092_14264069.jpg
か、かわいい~♪←自画自賛(笑)

あ、でも先生の見本と見比べたら、大根の厚みがだいぶ違う!
いくら厚めの桂剥きと言っても、さすがにこの厚みは桂剥きの枠を超えている様な(笑)。

下に敷いてあるのは月桃の葉なんですけど、こういう緑を育てているとちょっとした飾りに便利ですよ。
ウチは、亡くなった義父が植えてくれててあった千両と、お隣との境界に葉蘭もあってかなり重宝しています。
洋食やお菓子様には、ミント・パセリ・チャービルetc
月桃はプランターのせいか全然育たないので、地植えにしてみようとおもいます。

d0144092_14444230.jpg
残り物活用の里芋饅頭 きのこ餡

毎日煮物ばかり食べて、いい加減飽きたのでちょこっとアレンジ。
ひじきの煮物と海老芋煮(足りなかったので別に少しふかしました)をお団子にして里芋饅頭を作りました。
餡の出汁をとるのが面倒だったので、出汁醤油で作ったらすごい濃い色になっちゃった(笑)。
さっきの葉物同様に、この時期は柚子がひとつあるとすごく便利です。
冷蔵庫にしまうとなかなか使わないので、私はシンプルな器に入れてシンクの目の付く所に置いてあります。

d0144092_14204823.jpg
かなりのピンボケ~(笑) 久々に炊いたご飯は2割強の麦を入れた麦ごはん。ツヤピカの白米が恋しいよ~(涙)。

常備菜って、濃いめの味付けや佃煮の様なものなら1週間くらい持つのかもしれないけれど、
ウチの場合、塩分控えめで作っているのであまり日持ちがしないんですね。
火を通したものは、何度も冷蔵庫から出し入れをしていると味が落ちてくる気がするので、出来れば3日を目安に食べたい所。
本当は3日位で食べきれるものを毎日1食ずつ作って、常に3品あるのが理想なんだけどなかなかね(笑)。
下ごしらえしているサーモンのマリネはさすがに火を通さないと心配なので、今晩アボカドと一緒にグラタンにしようかな。と思ってます。

おまけ
d0144092_14265877.jpg

根菜と一緒に煮たがんもどきをチーズ焼きにしてみましたが、見た目も味もボンヤリしてイマイチでした(笑)。
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-19 18:24 | るる姉食堂 | Comments(4)

今週の常備菜

d0144092_163397.jpg

2週間ぶりに産直に行ったので、張り切りすぎて沢山買ってしまいました。(まだこの他に3倍はあるよぉ~。涙)
産直から帰ると、買ったものをテーブルに並べてコーヒーを飲みながら(ビールも多し・笑)、何を作るか考える時間も楽しくて好きです。

で、結局何を作るか纏まらないまま、思いつくままに作るのですが(笑)
d0144092_1635293.jpg
左中から、大根とにんじんの桂剥き(なます用)・茹でプチヴェール・茹で玉子(煮物inと醤油麹漬け)スモークサーモンマリネ・塩麹鶏ハム下ごしらえ・塩麹コールスロー・ひらひら人参のヴェトナムサラダ・根菜とがんもの煮物・ワサビの茎の三杯酢+醤油漬け・塩麹砂肝のコンフィ・ひじきと残り野菜とツナの煮物。

別の所でも書いたけど、おでんや煮物の茹で卵って白味が硬くて黄味がボソボソしますよね~。でも、ゆで卵に大根おろしを30,40分位混ぜておくと固くならずに美味しく煮えますよ~。*あさイチ情報
もう何回もやって確認済みです♪

d0144092_1635727.jpg
翌日のランチ。凄い組み合わせ(笑)

張り切って作った翌朝に夫の予定を聞いたら、今週は会議や忘年会で忙しいらしい。
私も予定が入っているので、お互いすれ違いの生活が続きそう。
確認してから作れば良いのに、こればっかりは何十年経っても学習性がありません(笑)

作ってから3日目経っているので、ある程度は食べたけど、まだまだ消費しきれない野菜がたーくさん!
桂剥きの練習にと、金時人参なんて立派なものを4本も買ってしまったけれど、思いのほか難しくて早々に挫折しちゃったし(汗)
明日は人参しりしりでも作るとしますか~(笑)
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-18 17:21 | るる姉食堂 | Comments(6)
d0144092_17542586.jpg

2ヶ月に一回の、紅茶とお料理を楽しむ会♪
今回は12月とあって、彩り豊かなクリスマスを意識したアレンジでした。
柿の豆腐クリームサラダに砂肝のコンフィ、紫キャベツのピクルスetc
手前真中は、スライスしたヤーコンの上に、アンチョビソースとブロッコリーを飾り付けたもの。
飾り方ひとつで、器のお料理もグッとパーティーっぽくなりまよね!

 
d0144092_17543014.jpg

キャロットライス、ほんのりカレー味のチキンときのこのフリカッセ。
生クリームが少なめなせいか、クリーミーなのに胃にもたれる様なこってり感がまったくありません!
これなら、最近消化酵素が衰え気味な私達夫婦にも良いかも~(笑)。

まだまだあります・・・

d0144092_18255930.jpg
こちらは先生の見本。(自分のプレートの写真を撮り忘れちゃいました。)

イギリスを代表する焼き菓子のヴィクトリアサンドイッチケーキ、苺のカスタードクリーム、中に黄身餡の入った練り切りスノーボル。
ビクトリア(略しました)はシンプルなパウンド生地に、緩めの生クリームと苺(ラズベリーでも)を挟んだもの。
生地作りの工程は手間がかかるけど、シンプルなものだけに、このひと手間を怠ると全然味が変わりそう。
作ってみたいけど、今はダイエット中だからね~残念。

今回の紅茶は、ニルギリの2013シーズンと、ネパールティーのセカンドフラッシュをそれぞれストレートで頂きました。
お腹いっぱいです〜

d0144092_17544210.jpg

体重が減った事を書いたら、見事に1キロ近く増えてしまったので、具体的な数字はしばらく書かない事にします(笑)。-10キロ達成したら報告しますね。いつまでたっても吉報がない場合は、挫折したと言う事でよろしくお願いします(笑)。
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-16 18:28 | ならいごと | Comments(2)
毎年年末に開催される中伊豆羅漢(FB))さんの
「器と料理を楽しむ会~創作おせち料理~」の特別教室に参加しました。
毎年応募者殺到で、落選者も後を絶たない人気講座なんだそうです。

d0144092_17192118.jpg

何年も前から、(自分へのご褒美に)いつかは羅漢さんへ!と思っていただけに、今回はお店ではありませんが、直接女将の加藤さんからご指導を頂ける貴重な機会とあって、前の日は緊張と興奮で全然眠れませんでした(笑)。

今回は各テーブルごとに作ったお料理をそれぞれ盛り付けをした後に、先生からテーブルごとにアドバイスを頂きました。
我が班、みんなで意見を出し合いながら、なかなか良い感じに出来たんじゃないかな(笑)。

d0144092_17211635.jpg
私達の班の作品

正面からの写真を撮り忘れたので分かり難いですが、同じお料理を一緒にまとめたり、バラバラに散らしたり、横にしたり縦にしたりと、遊び心を出すように心がけました。

d0144092_17214853.jpg
他のテーブルの方々の作品

食材や飾り付けの材料はまったく同じなのに、それぞれのテーブルで個性が出て面白いです。
とっても参考になりました。

d0144092_17215469.jpg
可愛い水引や竹の楊枝などもつかって、お正月らしい華やかな盛り付けになりました。

よく考えたら、これだけ四季折々の季節感を出したり、直接口にしない緑の葉等を多用すたり、
器との相性を考えながら盛り付ける様な食文化の国って少ない気がします。
和食って、日本人の誇りですね!

d0144092_17265654.jpg

ドキドキだった品評会も和気あいあいと楽しく終了し、お待ちかねの試食タイム♪

d0144092_17264482.jpg

先生が作ってきて下さったお寿司と、残った大根で作るしんじょうの入ったお吸い物。
このしんじょうは、茹でた大根おろしと蟹で出来ているんだけど、
生クリームや牛乳入りのちょっと洋風なお味でとっても美味しかったです。
レシピを教えて頂いたので、どちらも忘れないうちに作りたいな♪

d0144092_1727255.jpg

こちらの浮島も先生が作られたもの。
ちょうど、盛られている織部の器と同じ色合いで面白いですよね!
奥にある銀彩の角皿がすごくステキでした。


普段は時間に追われてしまい、これだけ繊細な盛り付けは出来ないけれど、
例え一部でも、庭の緑を添えたり遊び心のある盛り付けをしたりと、ちょっとしたひと手間加で食卓が華やかになり食事も楽しくなりますよね。
そういうちょっとした心がけが豊かな食生活につながるのだと思います。
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-14 18:39 | ならいごと | Comments(4)
d0144092_15595710.jpg

お腹が満たされたので、次は心を満たしに第2の目的地であるクラフトコンサートへ。
もうかれこれ5,6年振りくらいに行きました。

d0144092_160890.jpg

こちらは、丸子の里山にある、古い日本家屋を丸々ギャラリーにした北欧家具のショップです。

d0144092_1601618.jpg

ここに来ると、あまりにも素敵すぎて毎回平常心をなくしてしまいます。
落ち着きなく、ひとつひとつの椅子に座って平常心を取り戻そうとする私。
うっかり値札を見ると、現実の世界に一気に引き戻されるので注意です(笑)。

北欧家具って、趣のある和の雰囲気との相性がとってもいいんですよね。

d0144092_1619077.jpg

歩いて2,3分の所にある別館にも行きました。
こちらは、某とろろ汁屋の経営者の別荘だったそうです。

d0144092_1603469.jpg

勝手にくっちゃべりの会開催会場(意味不明。笑)

d0144092_1604239.jpg

建物自体は昭和中期位?!
シンプルな中にも当時のモダンな建築様式を取り入れた室内が、
これまた落ち着きのある北欧家具とバッチリあっていました。

d0144092_1605187.jpg

質の良い家具は、その経年変化までも味わいのあるのものになって、使えば使うほど美しくなりますよね!
あー、でも子供のいないウチは、下手に残しても困るから!そう、困るから~~!!
と、何度も心の中で言い聞かせながら別館を後にしました。
なんとなく物悲しい結末になった感じ?!
いやいや、空想の世界で楽しめばいいのです(笑)。
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-13 22:14 | 沼津+shop | Comments(6)
東海道五十三次の20番目の宿場である丸子(鞠子)宿に名物のとろろを食べに行きました。
お店は、丸子のとろろの中でもっとも有名な丁子屋さん。

d0144092_18182554.jpg

どうやら創業400年以上は経っている超老舗で、時代を感じさせる茅葺屋根や店内の黒光りする柱などは圧巻です。
入ってすぐに囲炉裏がある食事処がありましたが、私達はそのまま奥に進んだだだっ広い大広間で食事をしました。

d0144092_1818887.jpg

一応ダイエット中で量が食べられないので、私は基本の丸子(1.397円)。
(とろろ汁・麦めし・お味噌汁・香物・薬味付)

d0144092_18181688.jpg

揚げたのも食べたいねー。
と、夫は丸子に、揚げとろ・たたみいわし・小鉢・つけ合せ2種・甘味のついた府中(2.510円)にしました。

私は小さい頃からだし汁とお醤油と卵を加えて食べていたけれど、丸子のとろろはお味噌も入っているんですね。
お味噌の風味と甘みが口の中にふわっと広がってとっても優しい味。
今度家で作る時は白みそも入れてみよう♪
とろろ汁がサラッとしているので、ご飯と一緒にさらさらっとのど越しよくかっこめて美味しい~♪
油断をすると、おひつの中の麦飯を全部食べれらてしまいそう(笑)。
いかん、いかん(笑)。

d0144092_1818315.jpg


旧東海道沿いにあり、風情ある趣の建物。

d0144092_18495290.jpg

お店に隣接して、静岡の名産を扱うお土産売り場もあったりして、ちょっとした観光気分が味わえました。
そうそう、さくら棒って静岡県しかないんですってね~。
さすがにジャンボサイズは食べた事ないけど、小さい頃によく食べたな~♪

d0144092_18185258.jpg

家でも美味しい自然薯や山芋があればそれなりに美味しく食べられるけど、
いにしえの旅人に思いを馳せながら食べるのも案外悪くないなーと思いました。
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-13 21:36 | :静岡 | Comments(2)
その1
d0144092_18716.jpg

吉祥寺を出た後は、くらすことへ。
駅から少し歩いた小さな商店街の一角にあるお店。
みなさん、わざわざこのお店を目指してくるんだろうな~。あ、私達もそうでした(笑)

d0144092_187890.jpg
手紙舎 2nd STORY

欲張りな私達。本店と両方行こうと計画していたけれど、さすがに時間的に厳しくなってしまったので、駅から近いこちらへ。
普通のビルの2階にあり、ちょっと想像と違うなー。と思いながらドアを開けたら・・・

d0144092_18713100.jpg

意外や意外、何ていったらいいか分からないけれど、想像と違いました。←文章酷過ぎる(爆笑)。
なんてったってボキャブラリが貧困なもので・・・また良い表現が見つかったら加筆いたします(笑)

今日の一日の締めくくりのお店なので、ゆっくりとお茶時間。

その後、新宿駅で解散!
あー、今日も良い一日だったなぁ~♪

お土産
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-13 18:05 | :国内 | Comments(0)

コンコルド人間。パヤ♪

d0144092_20151649.jpg

訳あって携帯からエントリー。

珈琲ゼリー久々に食べました。
ケーキや焼き菓子の粉ものより良いかなー。って思って注文したら、こんなに大きヴァニラアイスがのっていました(笑)。

ごちそうさんの偽安西先生ってコンコルゲンにしか見えなーい!
と、全国の誰もがそう思っているんじゃないかと思ったら、あのCMって静岡ローカルだったんですね。
昨日、Facebookで友達と話していて知りました!
静岡ローカル恐るべし!パヤパヤ♪

コンコルドCM3「コンコルゲンの歌 完全版」
【静岡】CM コンコルド2
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-11 20:38 | 日々のくらし | Comments(6)
d0144092_19431837.jpg


ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ・・・

舌を噛みそう(笑)。
これはどう頑張っても覚えられそうにないです。
なんでこんな名前を?と調べたら、「オランダ風のカカオのお菓子屋さん」という意味だと言う事が判明
ホレンディッシュがオランダ風で、カカオはそのままでシュトゥーベがお菓子屋さんって事かな。
ドイツのお菓子なのに、なぜにオランダ風なんでしょうね。

d0144092_19113619.jpg

さて、こちらのバームクーヘン。
しっとりしてしっかりしているけれど、きめが細かくてふんわりした舌触り(どっちやねん!)
まあ、ドイツのものより固くもなくクラブハリエの様に柔らかくもなく。と言った所です(笑)。
外側のアイシングが薄目で、甘さも控えめなので歴代のバームクーヘンの中ではかなり好きかも~♪
添加物は一切不使用なんだそうです。

そうそう、日本では縦に切る事が多いけれど、ドイツではそぎ切りにする事が多いみたいですね。
ビジュアル的にそぎ切りが自信がなかったので、第1回目はその間の横長切にしてみました(笑)
その後は、縦切りとそぎ切りと切り分けてみましたが、食感が全く違っておもしろい♪
デルベアのサイトで切り方についての解説があったので、興味のある方は読んでみて下さいね。)

d0144092_19114312.jpg

イラストが可愛いので、箱も包装紙も捨てられませ~ん!

ドイツのバームクーヘンで思い出したけど、
昔、奈良の友達にリンダーホフと言う超人気のバームクーヘンを頂いた事があって、
けっこうしっかり目の生地で凄く美味しかったんだけど当時は縦に切る事しか知らなくて・・・
あれもそぎ切りにしたら更に美味しかったんだろうな~
いつか試してみたいです!

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ(覚えられないからコピペ・笑)のバームクーヘンは、
新宿伊勢丹(通販有)とJR大阪三越と、どうやら仙台三越も10月にOPENしたようです。

検索していたら、バームクーヘン好きの集まるサイトも見つけちゃいました。
今の私には目の毒です~
[PR]
by haru-ajisan | 2013-12-10 20:13 | 全国美味通信 | Comments(4)

海と山と富士山のある沼津での美味しい暮らし♪


by るる
カレンダー