<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

九份茶坊は、当時の地元の名士だった方の邸宅を、芸術家の玄オーナーの方が茶藝館として再生したのだそうで、何層にもなっている館内は、奥の方に行くとギャラリーやお庭があったりして、どこもノスタルジックな雰囲気。
d0144092_16334965.jpg

ギリギリ雨が降る前だったので、夜景の見えるテラスでお茶をしました。
どこの席も満席だしお客の出入りも激しいんだけど、幻想的な雰囲気に包まれているせいか
ぽわーんとした感じでまったり出来ました。

注文したのはウーロン茶の中でも渋みの強い種類だったけれど、一杯二杯と飲むうちにまろやかになって美味しかったです。
あと、一緒に頼んだ茶梅が激ウマでした!!
他のお茶屋さんで茶梅を買ってきたけど、こちらでも買ってくれば良かったな。
飲みきれない茶葉はお土産にしてくれますよ。
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-31 19:25 | :台北 | Comments(2)
今回は郊外に足を延ばしてみました。
「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも言われている「九份」です。
2日目か3日目にのんびり行こうと思っていたけど、この先のお天気が心配なので初日に行っちゃえ~

夕暮れ時に、提灯の灯りがともる頃が幻想的で良いそうです。
「九份」までのルートはタクシーor鉄道+バスorバスとあって、私達はバスにしたんだけど、MRT忠孝復興站近くのバス停から出ているバスが直通だと思っていたら、台鉄の基隆駅止まりで、そこから又バスに乗り換えたので、ついた頃にはすっかり日も落ちてしまっていました。

d0144092_15482311.jpg
 設定を間違えたまま撮っちゃった(>_<)

日本でも有名な観光地だけあってか、日本人率かなり多かったです。
人の流れに沿って一番上まで行った後に、Yちゃんお勧めの九份茶坊でのんびりとお茶。
その後、有名な撮影スポット(↑残念な写真ですが)へ行ったら、関西からの団体観光客に遭遇。
あちこちで関西弁が飛び交ってるしー!!
幻想的な「九份」の雰囲気は味わえませんでした。

d0144092_17371871.jpg

帰りはバスで基隆駅まで行き、そこからは鉄道で松山駅まで。
駅からすぐの所にある饒河街夜市(ラオホージエイェスー)で夕食でーす!
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-31 18:18 | :台北 | Comments(2)

わんわん、お出かけの巻

d0144092_19533920.jpg
浜名湖SAにて
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-30 19:54 | 今日のわんこ | Comments(0)
d0144092_2036321.jpg

台北で買ってきたドライマンゴーで、パウンドケーキを作りました。
ドライマンゴーを無糖ヨーグルトに漬けて一昼夜位おくと、ヨーグルトの水分を吸ってプリッとした生に近いフレッシュなマンゴーになります。
生のマンゴーを干しているんだから、当たり前って言えば当たり前だけど、2日間位寝かせるとさらにぷっくりとしてとっても美味しい!
そのままマンゴーヨーグルトで食べても美味しいんだけど、目先を変えてケーキにしました。
ヨーグルト漬けのマンゴーを飾りに、ドライを生地に練り込んだ、マンゴーたっぷりのケーキです♪

*芒果乾とサワークリームのマフィン←以前作ったもの。あー、ボルシチ食べたーい!!

d0144092_2036871.jpg
 焼きすぎた(>_<)

以前、長倉先生に教えていただいたヨーグルトケーキのレシピで作りました。
卵も牛乳もバターも使わない混ぜるだけのレシピなので、ズボラーな私にぴったり♪
マンゴーを置いた部分がかなりへっこんじゃったけど、ある程度焼いてからのせた方がいいのかな?
粉物は食べる専門でたまにしか作らなないんだけど、自分なりの十八番があるとちょっとした手土産に良いですよね。
みなさんの十八番は何ですか?
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-30 19:47 | +喫茶部 | Comments(4)

1月のインド料理

食べることが大好きな食ブロガーさんが集うサイト「ブロぐるめ!」の特集で、
artなfoodsのDiaryのArt-Foodsさんに、写真が好きなブログとして紹介していただきました。

以前から、本物と見間違うような瑞々しい写真と、軽快な文章が素敵だなあ。と
尊敬していたお方にご紹介いただくなんて、とてもありがたい事です。
私の場合は写真も文章も残念な事が多いのですが、
これからもボチボチと更新したいと思っていますので、みなさんおヒマな時は是非覗いてみて下さいね。

d0144092_1822743.jpg

インドのお料理って基本黄色系が多いから、味も似ているんじゃないかと思われがちですが、どれもそれぞれに特色があってとっても美味しいのです。
特に先生のお料理は、インドの家庭料理なのでスパイスも多すぎず、欲張って食べ過ぎてもなぜか胃にもたれない優しいお料理です。


d0144092_1815854.jpg

白味魚のヨーグルトカレー
ヨーグルトとレモンの酸味の効いた爽やかなカレー。
白味魚ならなんでも合うそうで、今回は今が旬の真タラで作りました。
最初は不思議な味に思えたけど、ひとくちふたくちと食べるうちにスイッチが入ったようにはまりました。
今回のおかわりNO1!

d0144092_182289.jpg

アルールドム(じゃがいものカレー)
ほっこりした新じゃがと甘酸っぱいカレーが相性バッチリ♪

d0144092_182764.jpg

ムシューダール(豆のカレー)
パンチフルと言う、いかにもパンチの効いたスパイスを仕上げに入れたスープのカレー。

d0144092_1821119.jpg

本日のY邸ガーデンのお花は、水仙とフェンネル。

d0144092_1821865.jpg

こちらはYさん差し入れのベルプーリーと言う屋台料理
インド料理の食材屋さんで、食材キットとしてうっているみたい。
ひよこ豆を細かくして揚げたものや米菓子やクラッカーと、見るからにジャンキーなものを、ピーナツ・茹でジャガイモ・トマト・玉ねぎ等と混ぜて、付属のピリ辛ソースと混ぜ合わせて食べます。
インドにはこんな美味しい屋台があるのね?ジャンキーさ満載でクセになる味!

d0144092_18103492.jpg

先日もエントリーしたソアン・パプディと言う甘ーいお菓子。
種類によってだいぶ味に差があって、先生が仰るには、ギーの沢山入っていた方が高級なんだとか。
私も、前回のギー入りの方が好みだなー。

インド料理で使うスパイスは味付けや風味つけもありますが、それぞれのスパイスの効能を生かした医食同源や薬膳の一部としての役目もあるのです。
たとえばターメリック(ウコン)は、血行の促進や肝臓の浄化、クミンは食欲増進や消化の促進等。
今までは食べる事ばかりに夢中になっていたけれど、スパイスの効能を把握すれば、インド料理も倍楽しめますね!
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-27 18:55 | ならいごと | Comments(6)
d0144092_16323868.jpg

インド料理教室の帰りに金目鯛を買ったのでかぶら蒸しを作ろうと思っていたけれど、夕方になってバタバタしはじめ作るのが面倒になったので楽チンな鍋に変更しました。
先日KURUHAで食べた鯛のつみれ鍋が、鍋自体も美味しい上にしめの雑炊が激ウマだったのを思い出し、あの味を再現すべく魚の出汁を利かせた超あっさり味です。
鯛の種類も違うしつみれでもないし、野菜も家にあるもので作ったので、ちょっちゅ見栄えが悪いっす。

d0144092_16324312.jpg

金目はお鍋の具にするには少し足りない量だったので、
鯛を食べ終わった後にレンコンをすって作ったれんこん団子を入れました。
柚子の皮も一緒に入れたので香りもいいし、もちもちしてマイウー!
片栗粉入りのれんこん団子で満腹になり、シメの雑炊はおあずけ。

d0144092_16324868.jpg

今朝の朝食です♪
ゆずの香りの効いたお上品な味のおじやになりました。
基本、鍋より出汁の出た汁で作るシメの方が好物な安い女です。
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-26 23:15 | るる姉食堂 | Comments(4)
今回のホテルはネットで評判の良かった、レススイーツ台北 慶城館(台北商旅慶城館)に宿泊。
こじんまりとした小さなホテルで、スタッフさんも良い方ばかりでした。
ホテルレポは後でまとめるとして、まずは遅めのランチから!

台北について一番のごはんに選んだお店は、史記正宗牛肉麵と言う牛肉麵のお店。
暮れに出たHanakoに載っていた清燉牛肉麺があまりにも美味しそうで~

ホテルの日本語の出来る女性スタッフの方も大好きなお店と言っていたので、
お勧めを教えてもらってタクシーでGO!
d0144092_15383744.jpg

2時半過ぎと言う中途半端な時間にもかかわらず、順番待ちの方が数組いましたが、
基本的に麺屋さんなので開店も早く、ほどなく席に通されました。

d0144092_15384245.jpg

紅焼牛肉麵(中辣)
まずはホテルのスタッフの方のお勧めを注文。
多分これが一般的な牛肉麵なんじゃないかな?
大辣・中辣・小辣・微辣と辛さを選べるようだったので、辛いもの好きな私達は中辣を注文。
牛肉麵独特のスパイスの風味も強すぎず、とっても食べやすいお味。
麺が細いのがいいわ~♪

d0144092_1538472.jpg

清燉半筋半肉麺
半筋半肉って事で、柔らかい牛肉とプルッとした牛すじ系のお肉が一緒に入っていてお得感満載!
紅焼牛肉麵と比べるとかなりあっさりしていて薄味です。

d0144092_15385168.jpg

酸辣麺
こちらで絶賛していたので注文してみました。
名前の通り酸っぱくて辛い麺です。
記事にあったように、酸っぱすぎず辛すぎずだったけど、個人的にはもう少しパンチが欲しかったかな~

上海もそうだったけど、台湾の麺って日本のものに比べるとコシがなくって、固麺好きな私としてはちょいと物足りません。
こちらのお店は、QQ(固めでもちもち)麺らしいのですが、もっとQQしてもらいたい。
まあそうは言っても、台湾独特のこのスープの味は日本では滅多に食べられないものだから、やっぱり食べたくなっちゃうんですよねー。

d0144092_1538571.jpg

ビールを頼んだら、缶ビールと紙コップがぁぁぁ。

d0144092_1539389.jpg

注文票に自分で正の字をつけて注文します。
ある程度見慣れた漢字が多いから、想像がつくようなつかない様な・・・

「紅油抄手」と言うピリ辛ワンタンもお勧めみたい。
入る時に気付かなかったけど、レジの所に美味しそうな小菜(小皿のおかず)が並んでいたから、行く予定のある方はぜひ食べてみてー!

d0144092_132396.jpg

店内は小ざっぱりしていて、お店の方もとってもフレンドリー♪
大きなデジイチで熱心に写真を撮っているおじ様が2組もいたけど、こちらでも食べログみたいなのが流行っているのかな?

d0144092_1539826.jpg


史記正宗牛肉麺  紹介記事
住所: 台北市民生東路2段65號
電話: 02-2563-3836
営業: 11:00-15:00/17:00-21:00
無休
*MRT民権西路駅から車で約10分
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-26 12:57 | :台北 | Comments(4)
毎年恒例になっているお正月休みの夫との旅行。
去年はソウルに行ったけど、最高気温がマイナスと言うあまりの極寒ぶりに「真冬のソウルは嫌だー!」と夫が駄々をこねるので、ちょうどJALの特典航空券で空きのあった台北にしました。
台北に行くのは約10年ぶりです。
いつも旅行に行く時は、ある程度の予定は立てていくんだけど、今回は年末の慌ただしさですっかり出遅れてしまい、結局ノープランで行く事に。
これが吉と出るか凶と出るか・・・

d0144092_15363432.jpg

今回も、行く前の日の夜中になってからバタバタとパッキング。
早々に準備のできた夫に比べ私はと言うと、たいして持ってない服を出したりひっこめたりして、
部屋中グッチャグチャ!
ある程度準備していれば楽なのに、ギリギリにならないと出来ない性格なのですよー。
仮眠をとって明け方行く予定だったけどなんだか眠れないので、
三島大社で初詣をしながら一気に出発!
わかってはいましたが、予定よりかなり早く羽田に着きました。

d0144092_15363987.jpg

8:40羽田→11:45台北/JL31
昼間の便だと、どんなに爆睡していても富士山だけはチェックします。
今日はよく見えました。
良い旅になりそうです♪

d0144092_15364645.jpg

相変わらずの機内食ですが、ハーゲンダッツがあったので良しとします。
ビールはエビスがありました。こんな時じゃないと飲めないからねー。

d0144092_1536517.jpg

台北は、私達が今回利用した羽田⇔松山便の他に成田⇔桃園便がありますが、
桃園便は市街地まで小一時間かかるのに対して、
松山便は台北の繁華街まで地下鉄や車で10分そこそこで行けてしまう距離なので、
どうせ行くなら松山空港の利用をお勧めします。
空港も小さくて移動が楽チン♪
松山空港内の銀行で両替を済ませたら、地下鉄に乗って3日間お世話になるホテルまで~

d0144092_1544848.jpg

そうそう、移動の中心がMRTの方は、悠遊カードが便利ですよ~
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-25 00:59 | :台北 | Comments(6)

にんじんしりしり弁当

d0144092_1530497.jpg

食べ過ぎ防止の為に、ランチ用にお弁当を作る事にしました。
本日のメニューは、にんじんしりしり・ほうれん草のナムル・コロコロ柚子大根と特製キムチ。
昨日作りすぎてしまい、2日連続でにんじんしりしり登場です(笑)。
これに、aokiで買った玉ねぎスープをつけました。
ナムルの下には韓国海苔を敷いてあります。

大好きなにんじんしりしりは、スライサーで千切りにした人参とツナと玉子を炒め合わせたもの。
過去にもちょこちょこ登場していると思います^^
味付けはいろいろだけど、私は塩コショウとお酒とお醤油をちょっと入れました。
人参はチーズおろしですると味がいきわたって美味しいです。

d0144092_15305494.jpg

キムチは、韓国語のお仲間さんのお身内の韓国のオモニが作った特製のキムチです。
韓国のお店でも手作りキムチはあるけど、家庭のキムチはなかなか食べられないのでありがたい。
漬け具合も辛さ加減もグッドでした!

d0144092_15305741.jpg

お弁当bagはhalawatenvouで毎年開催される「はるいちばん」の時に買ったもの。
去年は震災のチャリティーとして作ったのでしたよね。
で、去年の記事を探したらUPし忘れていたみたい。
一昨年の「はるいちばん」はこんな感じです。halawatenvou
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-24 16:21 | るる姉食堂 | Comments(2)

インドのお菓子

d0144092_1603055.jpg

去年の暮れにインド料理仲間のYさんから、旅行のお土産にとインドのお菓子を頂きました!
このお菓子、どう説明していいのか難しいけど、綿菓子をもっと繊維質な感じにして層を作ったものに、ココナツやピスタチオなどのナッツとスパイスが入ったミルク菓子といった感じです。
ネットで調べたら、ソアン・パプディという名前で、インドではポピュラーなお菓子なんだとか。


d0144092_1603864.jpg

韓国の観光地で実演販売をしているクルタレ(龍のひげ)に似た感じだけど、こっちの方がサクサクして歯にくっつきにくいです。
ギー(インドの山羊等のバター)も入っているのかな?
サクホロの食感で、口に入れるとスーッと溶けていくのです。

d0144092_1604338.jpg
BHUJIA
じゃがいもやひよこ豆を細かいヌードル状にして揚げたものだそうです。
調子にのって食べると口の中で火を噴きます!
サラダのトッピングにもなりそう~♪

インドのお菓子って素朴なのが多くて、意外とツボです^^
[PR]
by haru-ajisan | 2012-01-23 18:00 | 全国美味通信 | Comments(0)

海と山と富士山のある沼津での美味しい暮らし♪


by るる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31