<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

d0144092_1818422.jpg

連休中に行った産直魚屋で立派な渡り蟹が1杯250円で売っていたので、
2杯買って蟹たっぷりのパスタを作りました。
昔はこういったクリーム系のパスタやグラタンとか大好きだったのに、
いつごろからか、こういうこってり系はあまり食べなくなっちゃったのよね~
でもたまに食べると美味しいデス♪♪

d0144092_1818990.jpg

友達のうちで食べた、レンコンとタコのマリネみたいなのが美味しかったので作ってみました。
茹でたレンコン・タコを、大葉・塩こしょう・オリーブオイル・レモン汁で合えただけなんだけど、大葉の風味とと多めに絞ったレモンの香りがとってもいいんです。

d0144092_18181361.jpg

翌日は残ったタコと、ベランダのバジルをペーストにした残りを使って、茹でたじゃがいもとレンコンと合えました。こちらにもレモンたっぷり♪


渡り蟹のトマトクリームパスタ

More
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-26 18:35 | るる姉食堂 | Comments(6)
シルバーウィーク中唯一のお出掛けは、食いしん坊仲間との勝沼ワイナリー&山梨パン屋巡り。
日帰りとは思えないくらい盛り沢山だったのでテーマごとにUPします。

朝一で山中湖近くのパン屋さんに寄り、その後向かったのは
原茂ワイン内にある期間限定のカフェ「カーサ・ダ・ノーマ」
d0144092_18573412.jpg

見て!この雰囲気、素敵でしょ~?!
↑の歴史を感じさせる建物の2階がカフェになっているんです。

振り返ると
d0144092_18574141.jpg

こちらはテラス席。う~ん、こっちもいいんじゃないの~?
ここは絵になる!と、デジイチで張り切って写真を撮ろうとしたら、メモリーカードを入れ忘れていて撮ることが出来ませんでした。去年位からこの手のミスが多発しているんですよ~。仕方なく今回は予備のコンデジでの撮影です。う~ん、残念!

d0144092_18574613.jpg

今回運転手役をしてくれた酒豪Y姉さん(年下)に感謝しつつ、辛口の白ワインを飲みながらお皿からはみ出る位盛り沢山のパンの気まぐれブランチ(1,600円)を堪能!
手でちぎりながら食べるキャベツの瑞々しいこと。ハムやトマト入りのソーセージやもメチャうま~♪
かなりのボリュームだけど、ひとつひとつが美味しいからペロリと食べられちゃうんです。

d0144092_1857506.jpg

この写真だと分かりにくいけど、2階のテラス席からは、さっき私たちが見上げていたぶどう棚が眼下に広がっているんです。わ~お!
このテラスで飲むワインはさぞかし美味しいことでしょうね~

d0144092_1963693.jpg

食後に寄った丸藤ワイナリーも歴史のありそうな良い雰囲気。

d0144092_1964165.jpg

こちらでは、赤白各4種類ずつ試飲。
ワインの味の違いの分からない味覚オンチの私でも、続けて飲み比べると味の違いが明確に。
って言うか、これで分からなければ酒飲むなっ!って感じですよね(笑)

沢山試飲した割には・・・
d0144092_1964728.jpg
どちらも1本ずつ(笑)

原茂ワインでランチの時に飲んだ「ハラモビンテージ甲州シュールリー2008」と、
丸藤ワインでは「ルバイヤート甲州シュールリー2008」シュールリー対決です。
シュールリーって、白ワインを作る過程においての製法だそうですね。
またひとつ勉強になりました。
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-24 20:59 | :山梨・長野 | Comments(8)
産直のお魚コーナーを覗いたらお刺身OKの新鮮な秋刀魚が1尾58円の激安価格だったので、
7尾買ってきてそのうち6尾をオイルサーディンにしてみました。
7尾購入と言う選択に1尾残す所なんか、中途半端な性格が丸見え!ぷぷっ

d0144092_1627413.jpg

以前2.3回作った事のあるひこいわしのオイルサーディンは、下処理とか温度調整とか結構面倒だったけど、秋刀魚みたいに大きい魚だとその点は楽チン♪

d0144092_162791.jpg

下処理した秋刀魚とスパイス類を入れて、オリーブオイルでオイル煮にします。
温度が上がりすぎると煮崩れしてしまうので、極々弱火。油の表面がかすかに揺れる位の微妙な火加減でゆっくりと(30分位)火を通していきます。
薄い鍋だと温度調整が難しいので、素人の場合はルクルーゼみたいな厚いお鍋の方がいいみたいですよ。

d0144092_1627136.jpg

密閉容器に入れれば2ヶ月位は持つそうなので半分は保存用にしてみたけど、
多分あっという間に食べちゃいそう。

先日某ビストロで食べたつもりになっていた秋刀魚のオイルサーディン。
実際は鰯のオイルサーディンを食べたのに、秋刀魚と思い込んで食べていました(爆)。
どうやら舌から脳に伝達する神経が麻痺しちゃったみたいです。

秋刀魚のオイルサーディン

More
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-22 17:13 | るる姉食堂 | Comments(2)

9月のイベント

d0144092_16121299.jpg


【weekend bookstore vol.5 ~週末の小さな本屋さん~】
Atelier-f 9月25日~27日 にて
お楽しみ情報更新中!

【痕跡・現場日記写真展】
ケンブリッジの森 ~9月30日
12年間の歴史が刻まれています。
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-22 16:22 | 日々のくらし | Comments(2)

マコモダケ

シルバーウィークですが、土曜日に食いしん坊仲間と山梨に出掛けたのと日曜日の朝に産直に行った以外は家に篭りっきり。
夫達が休日返上で仕事をしているので私も外出は控え、パクリーヌちゃんに借りたDVDを見ながら、勝沼で買ってきたワイン片手にこっそりと昼間からひとり秋祭りを楽しんでいます。ひゃっほう~♪♪

産直で大好きなマコモダケが売っていたのでゲッチューしてきました。
d0144092_1604421.jpg

マコモダケの「タケ」は「茸」なのかと思ったら、稲科の植物で水辺に生えるようです。
味も食感もタケノコとアスパラガスを足して2で割った感じかな~。
シャキッっていうよりサクッとした食感。

d0144092_1605053.jpg

繊維質が豊富なようで、皮はピーラーでないと上手にむけません。
奥のかぼちゃと比べるとすっごい大きく見えるけど、あのかぼちゃは坊ちゃんかぼちゃなので思ったより普通の大きさ。2センチ位の直径で長さが20センチ強ってとこかな~。3本で270円也。

d0144092_1605433.jpg

天ぷらとかグリル焼きとか考えたけど、鶏がらスープを使ったシンプルな中華炒めにしてだしたら、
普段は何を出しても無反応な夫が、珍しく“美味しい”と喜んで食べていました。
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-22 16:19 | るる姉食堂 | Comments(4)
カムジャタンってご存知ですかー?
カムジャタンのカムジャとはジャガイモで、日本名だとじゃがいも鍋って事です。
韓国では最もポピュラーな鍋なんですよ。
d0144092_1731553.jpg

パラペーニョ(↓の記事)と一緒にエゴマの葉も買ってきてもらったので、
今回は前から作ってみたかったカムジャタンにトライ!
レシピはネットにあった中から自分の作りやすいようにアレンジしながら作りました。
カムジャタンは全州家のものしか食べた事がないので、あの味を思い出しながら~

d0144092_1732053.jpg

じゃがいもが主役って行っても、鍋の中のほとんどを占めているのが豚の背骨で、後は野菜にエゴマの葉・エゴマのすりゴマといった具合。
じゃがいも以外は普通のスーパーではあまり見かけない材料なのでなかなか作る機会がなかったけど、豚の背骨の下拵えに時間がかかるだけで、後は意外と簡単でした!

d0144092_1732515.jpg

豚の背骨は最初に下茹でをして出汁を取った後に鍋に一緒に入れて煮込みます。
ほとんどが骨でお肉は少ししかついていないんだけど、
スープが染み込んだ骨をかぶりついて食べるのが最高に美味しいんです!
背骨ってはじめて買いましたが、約800gで225円という激安ぶり。(出どこが少々気になるけど)
コラーゲンたっぷりで美味しくて激安でって、我が家の家計にはありがたい!

d0144092_1732957.jpg

〆はもちろん即席ラーメン!
韓国の即席麺は日本のものに比べると伸びにくいのです。

d0144092_17321432.jpg

さらに翌日は、残った汁に残り野菜とキムチとチーズを入れてチャーハンを作りました。
マイウー!


カムジャタンのレシピ*一部修正しました

More
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-16 10:58 | るる姉食堂 | Comments(14)

カプサイシンパワー!

友人がまごころ市場で買って来てくれたパラペーニョをオイル漬けにしてみました。
せっせと使って脂肪を燃やさなくちゃ~~!!

d0144092_22404810.jpg

で、ここまでは良かったんだけど、コンタクトを入れる前に作ったら、何度手を洗っても辛味成分みたいなのが取れなくなって、コンタクトがはめられなくなってしまいました。
何度かトライしてみたけど、その都度目に激痛が・・・
おまけに辛味成分がコンタクトに移ってしまったようで、コンタクト自体が使用不可になってしまいましたー!!
まったく、踏んだり蹴ったりとはこの事です。

d0144092_22405382.jpg

そんなわけで、結局丸一日ド近眼メガネをつけたまま過ごす事に。もう最悪~!
でもって、こういう日に限って、珍しいお客さんが2組も来るんです。


パラペーニョの下に敷いているペーパーナプキンにピーンときた方!
ケンブリッジの森も後ちょっとで終わりですね。。。
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-14 18:57 | るる姉食堂 | Comments(6)

HAPPYBIRTHDAY@gawa

8日は、ビストロgawaの4周年のお誕生会に行ってきました。
ビストロガワと言えば、るる姉の勝手にレストランガイドで、去年の東の横綱に番付された超お気に入りのお店。そのせいか分からないけれど、私のblogで最多記事数になってました。エコ贔屓しすぎでしょうか(笑)

会費制で3日間にわたって開催された、ビュッフェ式のお食事会。
細かく書きたいんだけど、様々なプレッシャーと興奮で一部の記憶が飛んでしまいました。ぷっ!
ただ、美味しくて楽しくてあっという間であった事だけは確かです!

自家製スモークサーモンと、秋刀魚とじゃがいものテリーヌ
(かなり適当に名付けているので、写真からイメージをつかんでください。)
d0144092_21333454.jpg

肉厚のサーモンは、スモークの香りと脂の甘みにほんのりと効いた塩気が絶妙!
肝ソースをつけていただくテリーヌは、苦味と甘みが凝縮された肝ソースがまったりとしたじゃがいと秋刀魚の味をギュッとを引き締めてます。

胡桃とリンゴのロールチキン、鯨入りのサラダ
d0144092_21333831.jpg

野菜で隠れてまったく見えないけど(ピンボケだし)、鯨ですよ!クジラ!生のくじらですよ~!!
しかもかなり厚いスライスが沢山入っていてとっても贅沢なサラダでした。
鯨って言えば昔は給食の定番だったのに、今では超高級食材になっちゃったもんね。
夫が大好きなんだけど、良質の鯨ってたまーにしか手に入らないんですよ。
gawaさんが仕入れている丸十さんで扱っているのかな~
夫の分(実はこの日が誕生日)まで食べながら、鯨de妄想お誕生会をすませておきました。

さつまいものポタージュと鰯のオイルサーディン
d0144092_21334372.jpg
鰆のソテー、バルサミコ酢ソース?温野菜添え
d0144092_21334771.jpg

お魚料理と野菜料理は完璧!
お料理ってシンプルであればあるほど、作り手の個性や技術なんかで左右されますよね。
素材の質や鮮度の良さはもちろん、それらを最大に引き出す方法を熟知していないとここまでの味は引き出せないと思います。(私が熱く語っても説得力ないか・笑)

マトンを煮込んだスープとクスクス
d0144092_21335249.jpg

ここまで来ると名前もかなりいい加減です。あはは
クセの強いマトンは、調理法によって口に合わない時があるんだけどこれは美味しい!
すね肉だと思うんだけど、お肉もスープもさっぱりしているせいか、満腹なのにどんどん胃の中に入っていっちゃうから不思議です。これが一番最初に出ていたら3杯はお代わりをしたでしょう。

ファーブルトン
d0144092_21335692.jpg
ホワイトチョコと山桃ジェリーのケーキ
d0144092_2134289.jpg

別腹だもんね。あ~おいし♪
欲を言えば、2.3種類は食べたーい!

d0144092_2134840.jpg

高校生マジシャンEISHINのマジックショー。
息を呑む瞬間。ってああいう時のことを言うんだろうな~
驚きの連続で、息が止まるかと思うくらいすごかった!!

ちなみにgawa検定は9点でした。


d0144092_21341990.jpg

ペットは飼い主に似るって言うけど、レストランに来るお客もシェフに似るのでしょうか。
みなさんの笑顔を見ていると、シェフの美味しいお料理を心から愛し、そしてその雰囲気をすごく楽しんでいるのがすごくよく分かりました。
もちろん、一番楽しんでいるのは私なんですけどね^^。

最後にオーナーシェフからひとこと。

More
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-11 21:35 | :三島・駿東 | Comments(16)

もちもち新食感!

ソウルで買った即席ビビン麺。
初めて買ってみたけど、麺のコシもしっかりしているしタレもたっぷり入っていてなかなかの味。
自分で作ったせいか、ソウルで夜食に食べた24時間営業のビビン麺より美味しいんですけどぉ~~

d0144092_2131430.jpg


ところでタイトルの「もちもち新食感」っていうのは、
ビビン麺のことじゃなくてこちらのじゃがいも麺の事。
ソウル土産の所に堂々と載せてあるけど、実は新大久保で買ったもの(笑)。
もちろん韓国でも普通に売っていますけど。

d0144092_21311191.jpg

じゃがいもの澱粉質がモチモチ感を出しているんでしょうねー。
適度な弾力もある上に意外とのど越しもいいんです。
添付のフリーズドライの野菜は椎茸なんかも入ってい、その旨みがスープに移り味わい深い風味になっています。

d0144092_21311537.jpg

麺の食感は、言わないととても乾麺だとは思えないもちもち感。
これって辛ラーメンと同じメーカーなんですね~。

d0144092_21312021.jpg

たまに食品のパッケージについているこの「無」のマーク。
添加物が入っていない表示のようです。
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-09 21:31 | :ソウル | Comments(6)

新顔未満

d0144092_21553097.jpg
新顔野菜って言うほどでもないけど、今まで食べたことのない珍しい野菜。
産直でそんな野菜を見つけるととりあえず買ってきます。

d0144092_21553591.jpg

ひもとうがらしは、じゃがいもと魚肉ソーセージと一緒に花椒を加えて中華風に炒めてみました。
半分残ったのは、ひじきと大豆と掻揚げにしました。
確かに火を通すと辛味が消えました。味はししとうっぽい感じ。

d0144092_21554025.jpg

紫莢ささげは他の紫野菜みたいに茹でると色が落ちるのかと思ったら、ほとんど色落ちがありませんでした。
ささげって言うくらいだから、お赤飯に入れるささげと同じ種類なんでしょうね。
確かに、ささげとインゲンを足したような味がしました。
[PR]
by haru-ajisan | 2009-09-08 22:08 | るる姉食堂 | Comments(0)

海と山と富士山のある沼津での美味しい暮らし♪     instagramとかぶりぎみ


by るる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30