<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

d0144092_18282413.jpg

神戸から東京、神奈川に進出したドーナツ屋さん。
一番近い茅ヶ崎店に行こうと思っていた矢先に静岡へ初上陸してくれました。
あぁ、うれしい!

d0144092_1859445.jpg

よりどりみどり♪なんて鼻歌交じりに行ったら、残念ながら4,5種類ほどしかありませんでした。
途切れる事のない行列に追いつかないみたい。
オープンして一ヶ月経っていないんだもの。仕方ないか~
まあ私みたいに優柔不断な場合は、種類のない方が選択肢が少なくて決めやすいかも(笑)。

d0144092_18283325.jpg

子供の頃にお母さんが手作りしてくれたような、懐かしくて素朴な味わいがコンセプトだそうです。
防腐剤や保存料は一切使っていないので、安心美味しいヘルシー♪♪
クリスピークリームのようにふわっとした食感ではなくしっかりとした食感で食べ応え有り。

お砂糖やコーティングのない一番人気の「はらドーナッツ」は、甘さ控えめで食べやすいけれど、
冷めてしまうと油の香りを感じてしまうのがちょっと残念です。
食べる前に軽く暖めた方がいいですね。
そういう点も含めて、3種類中私が一番気に入ったのは「サトウキビ」。

d0144092_18284975.jpg

イートインもあるけれど、どうせなら目の前の公園で太陽の日差しを浴びながら食べるものもいいんじゃな~い!

はらドーナッツ HP
住所: 静岡県静岡市葵区常磐町2-4-5
電話:054-270-8653
営業時間:10:00~19:00頃(ドーナッツが売り切れ次第終了)
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-31 16:29 | :静岡 | Comments(4)
d0144092_15564355.jpg

写真を整理していたら出てきました、
カルビーの北海道限定じゃがポックル オホーツクの焼き塩味

去年北海道に行った時に友達に教えてもらって、わざわざ並んで買ってきたお菓子です。
数年間入手困難のレアなお土産のひとつだったみたいだけど、今は花畑に押され気味?!
それでも今も売切れたりしているときもあるらしい。
スナック菓子はほとんど食べない私には他のメーカーのものとの違いが分からないけれど、
好きな子に言わせると、

じゃがいもの風味がたまらな~い!!

ふむふむ、やめられないとまらない事だけはたしかデス。
みなさんも北海道土産にいかが?!
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-30 23:05 | :国内 | Comments(4)

ひとりフィデワ

先日のフィデワ(パスタパエリア)があまりにも簡単で美味しいので、
ごはんを作るのが面倒な時はひとりフィデワを楽しんでます!

d0144092_15352049.jpg
  ウィンナー・玉ねぎ・パプリカ・トマト・しめじ入り。食べる前にギュッとレモンを絞ってさっぱりと♪ 

d0144092_15351081.jpg
  残り野菜にアンチョビを刻んでみました。スペインからイタリア~ンになってます。

お鍋は24cmのテフロンのフライパンを使用。
オーブンには入らないので最終工程は省いています。
パリッと感はないけど、それでも十分満足なお味!

パエリアパンはテーブルに載せても抵抗がないのに、
普通のフライパンだとたとえひとりの食卓でも抵抗があるのはどうしてでしょうねぇ・・・
一人用のお洒落なフライパンが欲すぃ~!
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-28 15:34 | るる姉食堂 | Comments(2)
d0144092_1394695.jpg
お昼にウォーキングをしたせいか、午後はずっと大くしゃみ大会でした。
何の花粉かは分からないけれど、多分花粉症。
いよいよ来たか・・・
それにしても人目をはばからず思いっきりくしゃみをするのって、なんて気持ちがいいのでしょう!

紅菜苔のお花も春っぽくて可愛いでしょ~?!
この紫色はポリフェノールなんでしょうかねぇ・・・
茎の紫は火を通すと緑色に変わってしまいます。

d0144092_1743332.jpg
さっと茹でてお浸しやツナ缶とマヨネーズ和えにしたり、
ザクザクと切って、そのままお肉と一緒に油で炒めても美味しいです。
クセがなくてとても食べやすい野菜ですよ。
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-26 17:30 | るる姉食堂 | Comments(2)
義母のテイクアウトグルメベスト3に入っている火の車の焼きそば。(ちなみに、他の2店は餃子の中央亭とちょぼと言うテイクアウトのお店のたこ焼き)千切りのキャベツがどっさりと入って味付けも独特で、今まで食べてきた焼きそばとはちょっと違った感じ。お土産用はアルミホイルと新聞紙に包まれていて、それが昭和を感じてとても良いのです。

ずっとテイクアウト専門のお店だと思い込んでいたけれど、ある時店内でも食べられる事を知ってからたま~に行くようになりました。奥さんが接客をし、ご主人がひたすら焼いています。

d0144092_20324648.jpg

短くて茶色い色をした麺が特徴的。
このお店、和風焼きそば以外は普通の焼きそばもお好み焼きもフォークで食べるのです。
多分、アルミホイルと新聞紙の包装と一緒で、先代から受け継がれてきたんじゃないかな~。

d0144092_20353171.jpg

こちらは別の日の和風焼きそばと、奥は大盛りの焼きそば。目玉焼きは別料金です。
お醤油味の和風も意外といけます。
奥に写っている大盛りの焼きそばを見れば分かると思うけど、キャベツがどっさり入ってかなりボリュームがあるので、初めて注文する時は頑張りすぎないよう気をつけてくださいね。

基本の焼きそばが450円、ミックスが650円、玉子は+50円位だったとおもいます。
焼きそば・お好み焼きの他におでんもあります。

d0144092_20353866.jpg
すごく美味しいってわけでもないんだけど、時々無性に食べたくなる不思議な焼きそば屋さんなのです。


火の車
住所: 沼津市丸子町748-9
電話: 055-963-0196
他未確認
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-25 21:16 | :沼津 | Comments(0)
d0144092_12421332.jpg
 わさびの花

-下処理の仕方-
① 茎と花の部分を3cmくらいに切り、塩と砂糖少々をふりもんで30分くらいおく。
② 熱湯を通したら冷水にとり軽く絞って水気をとり保存容器へ。
  (半日ほどおくとより辛味が増すそうです。)

三杯酢漬けやしょうゆ漬けにすると、箸休めやお酒のつまみにもなりますよん。

d0144092_12434587.jpg
 三杯酢漬け(左)としょうゆ漬け(右)

d0144092_13143973.jpg
小さくて可憐な花の部分はすぐに食べるのはもったいないのでしばらくは観賞用に!
その後は天ぷらにして食べましょう♪♪ウマ
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-24 12:44 | るる姉食堂 | Comments(0)
d0144092_103658100.jpg

・つくしごはんのおにぎりとふきのとう味噌のおにぎり
・紅菜苔 とベーコンのナンプラー炒め
・菜の花のおひたし
・わさびの花の三杯酢漬け
・じゃがいものスープ

わらびが売っていないかと、土曜の朝に三島と函南の産直市をはしごしてきたけど、
残念ながら収穫無し!
かわりに近所のスーパーではあまり見かけないさわびの花と紅菜苔などの春野菜を買ってきました。
春野菜もいろいろと美味しいものがあって楽しめますね~

d0144092_104735100.jpg

懲りもせず近所の土手でわらびを採っています。
毎日誰かしら採りに来ているらしいけれど、
つくしの方も春の日差しを浴びてグングンと成長していくので、どんぶり一杯以上は採れるのです。
植物のもつエネルギーってすごい!

自然の恵みをいただいているお礼にとゴミ拾いもしています。
今回で4回目だけどいまだに45リットルの袋にいっぱいの大収穫!(ゴミのほうです)
山菜採り&ゴミ拾い。意外とどちらもはかどりますよ。
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-24 10:37 | るる姉食堂 | Comments(0)

春のパン祭♪ cimaiパン

友達と沖縄料理を食べに行ったり乙女(?)のスイーツ会に土筆採りと、
相変わらず食べる事に集中していた週末。
d0144092_1732119.jpg

昨日はhalさんのcimai会に行きました。
お行儀よく並んでいる中から、フランスパンや胡桃とカレンズのパンなど5種類(↑)を購入。
そういえば京都で買ったパンも冷凍庫でお休みしているのよね~。

d0144092_1734072.jpg
いろいろある中から、ずっしりと思い胡桃とカレンズのパンをスライスして・・・

d0144092_1734686.jpg
春野菜のスチームととcimaiさんのパンとkajitaコーヒーで朝ごはん。
(案の定これだけでは足りずに食パンも食べました。)
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-23 18:13 | 全国美味通信 | Comments(8)
d0144092_1919565.jpg

まずは念願の恵文社。おもしろそうな本がいっぱい。あ~やっぱりキャリーバッグで来ればよかった。準備してあったのに、日帰りだからと行く寸前で持って行くのを止めちゃったのです。

東風のパンは小さめのものを4個買いました。最初だから慎重です。

つばめでランチ。オオヤコーヒーさんのお豆を買ったのにお店に忘れてきてしまい、後から店員さんが走って追いかけてきてくれました。ほんま、お騒がせしてすんまへん。
d0144092_20134746.jpg

やよいを覗いてその後に下河原阿月へ三笠を買いに。この辺の通りは風情があって大好き!三笠とはどら焼きのこと。京都って食べ物の名前まで風情があります。

クラシカルなビルの1階にあるミナ・ペルホネンは、似合う似合わないは別として、女子なら一度は身につけてみたいと思うはず。(自分の姿を想像するだけで大爆笑)

mizukaさんで珈琲とチーズケーキ。はんなりとした笑顔の店主の女性が旅の疲れを癒してくれました。一時間くらいいたかなぁ~ 急いでいてもこういう時間は必要ね。
d0144092_2014594.jpg

ボンボランテにパンを買いに。ちょうど食パンの焼き上がり時間だったので焼き立てをget!ただでさえ荷物が多いって言うのに、ふわふわの食パンなんて買って大丈夫か?

hohoemiでまたもやパン。最近はぱんくい姉妹の影響で、旅先でパンを買うのが楽しみになりました。こちらではスコーン2個とベーグル1個と小粒なラスクを購入。

草星さんで額賀さんのカップを2つ購入。荷物が多いって言うのに今度は割れ物か~?!

モリカゲシャツかわいいね~ 次回はオーダーしちゃうぞ!

cafe bibliotic HELLO!でお茶タイム。お土産候補にしていたオリジナルのバターサンド(プレーンと抹茶)をma-yuちゃんとわけっこ。抹茶の方が好きかも!
d0144092_11542523.jpg

吉田屋料理店で夜ごはん。最初は貸切状態だったのに気づけば回りはカップルだらけ!そうか、今日はホワイトデーだったっけね。お邪魔なおば様たちは早々に退散させていただきま~す。
d0144092_2028513.jpg

駅のカフェでお茶を飲みma-yuちゃんとお別れ。ひとりだったらこんなに沢山回れなかったね。楽しかったよ~本当にありがとう!

そして、帰りの新幹線ではもちろん爆睡!もしかしてイビキかいてたかも~っ!!
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-19 20:47 | :京都 | Comments(8)
d0144092_1305621.jpg
先日何気に目にしたパスタパエリア(フィデア)と言う、
パスタを使ったパエリアが気になったので作ってみました。
私なんてこの歳になって初めて知ったお料理なのに、ネットで検索すると相変わらずのヒット数。
みなさん美味しいもののアンテナがするど~い!

レシピによって作り方が違うので、またもやいいとこ取りの我流レシピです。
本来は専用のパスタか、なければカッペリーニのようなスープパスタ用の極細麺を使うらしけど、
カッペリーニも暑くならないと売らないのかどこのスーパーに行ってもなかったので、
仕方なくサラダスパゲティ用の茹で時間4分のパスタで作りました。

d0144092_131354.jpg
細い麺がフニャフニャになるのってどうよ~と思っていたけど、パスタに魚介の出汁が染み込んで逆に良い感じ。
もちもちした食感で、仕上げにオーブンで焼いたので外側がパリッと香ばしくて美味しい~!

d0144092_13184.jpg
具が多すぎてあまりパスタが立たなかったけど、
上の写真みたいに麺がツンと尖るくらいまで焼くのがポイントのようです。
本物の味はどうか知らないけれど、こっちはこっちで美味しいし簡単なので定番メニューに決定です!

-あさりと海老のパスタパエリア(フィデア)のレシピ-(2人分)
パスタ(極細)・・・140g/ブラックタイガー・・・6尾/アサリ・・・100g/赤ピーマン・・・1/4個/トマト・・・1/2個/にんにく・・・1片(みじん切り)/白ワイン・・・大2/スープストック(湯)・・・180ml/塩コショウ・・・適宜/オリーブオイル・・・適宜  (パスタを含めすべて目分量です)

-作り方-
 パスタを3cm位に折る。ブラックタイガーは下処理をし殻をむく。アサリは殻をこすり洗いする。にんにくはみじん切り。赤ピーマン・トマトはざく切りにする。スープストックを作る(*1)。
 パエリアパンにオリーブ油(大1)とにんにく・塩コショウを入れ香りが出たらブラックタイガー・アサリ・赤ピーマンを入れさっと炒める。白ワインをふり、蓋をして海老が赤くなりアサリの口が開いたらすべてを皿に取り出しておく。
 ①のパエリアパンに油(大2)を入れ、3cm位に折ったパスタを入れ中弱火でカリッとなるまで炒める(きつね色手前くらいになるまで)。
 スープストックを入れ(*2)、上から①を汁ごと万遍なくのせトマトを彩りよく散らし塩コショウで味を調えたら中強火で汁気がなくなるまで煮る。
 230℃に熱したオーブンで5分位焼く。(パスタがツンツンと尖るくらいが理想)
 あらかじめ茹でておいたアスパラガスを飾って出来上がり。

(*1)スープストックは市販のもので良いけど、必ず温かいものを使って下さい。
(*2)スープストックはパスタがかぶるくらいが理想だと思います。
    パスタはすぐに火が通るので火加減を調節しながら短時間で煮た方がいいと思います。

③と⑤の工程のない楽ちんバージョンのレシピも沢山ありました。
カリッと感はなくなるけど、さらに簡単に作れるのでまずはそちらからでもいいかも!
お鍋ひとつで出来るし具を選ばないので気軽に作れますよ~


d0144092_1311467.jpg
具は海老とホタルイカの他に、セミドライトマト・玉ねぎ・赤ピーマン・プチヴェール・スナップえんどう 
前の日は、海老とホタルイカのパエリア@お米バージョンを作りました。

More
[PR]
by haru-ajisan | 2009-03-18 15:50 | るる姉食堂 | Comments(4)

海と山と富士山のある沼津での美味しい暮らし♪     instagramとかぶりぎみ


by るる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30