<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0144092_18584969.jpg

・ひき肉とほうれん草の玄米カレー
・おぼろ豆腐
・スナップエンドウ ・釜揚げシラス

夫婦揃って休日にお昼を食べるのは久しぶり。
せっかくだから手の込んだ物を作ればいいんだけど、家にあるもので簡単にすませました。
右上の小さなカップには言ったものはヨーグルトではなくお豆腐です。
大好きなごま油と戸田塩をかけて食べました。
カレーにシラス???だけど、好きだからいいのです。
新鮮な野菜は茹でるときに塩を多めにいれ、何もつけずに食べています。
その方が美味しいから。
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-28 18:57 | るる姉食堂
d0144092_18563599.jpgd0144092_18564360.jpg

・玄米おかかねぎチャーハン
・春キャベツとツナのスープ
・フルーツトマトとモッツアレラチーズのサラダ
・新ごぼうの胡麻酢和え

ねぎが沢山あったので刻んでチャーハンにしました。
強火で熱したフライパンにごま油を入れ、ねぎを水分を飛ばせるように炒めたらおかかを入れ
サッと炒める、ごはんを入れ炒め醤油で味付けをする。
ねこまんまのチャーハン版みたいなものだけど、実はこういう味が大好きなのです(笑)
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-26 18:56 | るる姉食堂
夏をのりきるしっかりごはんd0144092_20582922.jpgd0144092_20583595.jpg
・あじと夏野菜の黒甘酢あん      ・千切り野菜と豆腐の酢辣湯d0144092_2059474.jpgd0144092_20592753.jpg
・まぐろ漬けのスタミナネバシャキ丼   ・鶏肉とパクチーのタイ風炒めごはん
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-20 21:06 | るる姉食堂

アスパラの肉巻き

d0144092_18545778.jpg

・たけのこご飯
・スナックエンドウの味噌汁
・アスパラの肉巻き焼き
・筍のマリネ
・ほうれん草の胡麻あえ

今年初の筍ご飯は、シンプルに筍だけで炊き込みました。
アスパラの肉巻きは、バター醤油味です。
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-16 18:53 | るる姉食堂

山菜づくしの旅

今回私達が二泊で行ったのは、
1日目:奈良井宿(泊)→2日目:安曇野・美ヶ原温泉(泊)→3日目:松本市街
と言った具合。
2日目の美ヶ原温泉の旅館すぎもとは事前に予約してあったけれど、1日目の宿泊先(場所も)は当日まで決まらず、行き当たりばったりで奈良井宿の民宿江島屋さんに泊まる事が出来たけれど、民宿って二十代の頃に学生のノリで行ったスキー旅行の時以来だったので、かえって新鮮で良かったです。(神田川♪の世界だと、独りで満足していました・笑)

蕎麦の旅のはずだったんだけど、山菜の旅でもありました。
初日のお昼に食べた仙人小屋の山菜づくし。サイコー!
江島屋さんでもすぎもとでも山菜が多くて、しかも見た事のない山菜も沢山食べる事が出来て嬉しくてたまりませんでした。
春先からずっと山菜料理が食べたかったのです。
 
d0144092_1963636.jpg
仙人小屋の山菜のお浸し         民宿江島屋の夕食        旅館すぎもとの山菜の盛り合わせ

松本に宿を取ったのはいいけれど2泊で行くには中途半端な場所で、ギリギリまで初日の予定が決まらなかったりと、正直行くまではモチベーションも低いままだったけけれど、こうやって行ってみるとお料理も美味しかったし良い所も沢山あって、更に最終日には急遽まみいさんとお会いしたり(初対面なのに大盛り上がりでした・笑)とサプライズな事もあり、とても楽しい旅となりました。

信州蕎麦+山菜の旅。又来年も行きたいです。
その前に、秋の信州蕎麦+きのこの旅ってのもいいかも~
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-09 19:05 |  :山梨・長野
今回は奈良井宿へ一泊と松本の美ヶ原温泉へ一泊しました。

2日目の美ヶ原温泉の旅館すぎもとは事前に予約してあったけれど、1日目の宿泊先(場所も)は当日まで決まらず、行き当たりばったりで奈良井宿の民宿江島屋さんに泊まる事が出来たけれど、民宿って二十代の頃に学生のノリで行ったスキー旅行の時以来だったので、かえって新鮮で良かったです。(神田川♪の世界だと、独りで満足していました・笑)

蕎麦の旅のはずだったんだけど、山菜の旅でもありました。
初日のお昼に食べた仙人小屋の山菜づくし。サイコー!
江島屋さんでもすぎもとでも山菜が多くて、しかも見た事のない山菜も沢山食べる事が出来て嬉しくてたまりませんでした。
春先からずっと山菜料理が食べたかったのです。
d0144092_18511744.jpg
仙人小屋の山菜のお浸し   民宿江島屋の夕食  旅館すぎもとの山菜三昧

松本に宿を取ったのはいいけれど2泊で行くには中途半端な場所で、ギリギリまで初日の予定が決まらなかったりと、正直行くまではモチベーションも低いままだったけけれど、いざ行ってみるとお料理も美味しかったし良い所も沢山あって、更に最終日には急遽まみいさんとお会いしたり(初対面なのに大盛り上がりでした・笑)とサプライズな事もあり、とても楽しい旅となりました。

信州蕎麦+山菜の旅。又来年も行きたいです。
その前に、秋の信州蕎麦+きのこの旅ってのもいいかも~
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-09 18:46 |  :山梨・長野
浅 田 HP
d0144092_15164143.jpg

開店少し前に行ったので無事座れましたが、あっという間に満席になりました。
限定の十割ざるそば(1.000円)を注文。
蕎麦の風味も爽やかで上品な味わい。
やや辛口でキリッとしたつゆとの相性もバッチリでした。
店内の雰囲気も器も蕎麦もシンプルで私好みのお店です。
量は少なめ。


もとき HP
d0144092_15164838.jpgd0144092_15165534.jpg

1階が満席で階の座敷に通されました。客席は多いです。
もりそば 一枚(800円)を注文。
ここの売りは「吟醸そば」と言う、蕎麦の外側の部分を削って芯の部分だけを使ったとっても贅沢な蕎麦です。
短めですが透明感がありコシが強くしっかりとした食べ応え。
つゆは甘めで、私達が普段食べ慣れている味に近かったです


野 麦 HP
d0144092_1517116.jpgd0144092_1517894.jpg

浅田の後に行ったら大行列で入れなかったので仕切りなおし。
そば(1.100円)を注文。
つなぎが一割の九一そばで、風味もよくシャキッとした喉越しですが、極細なのでちょっと頼りなさを感じました。
テーブル席が3つと狭いお店ですが、店の方の応対が丁寧でとても感じが良かったです。
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-08 20:25 |  :山梨・長野
d0144092_1853322.jpgd0144092_18531837.jpg

・素麺(夫)
・香菜たっぷりのナンプラーチャーハン
・冷奴 ・焼きピーマンのおかかかけ 

夫の蕎麦ダイエット当日だと言うのに、蕎麦の在庫がなかったので素麺で代用(笑)
私は最近凝っている大好きな香菜を刻み込んだナンプラー味のチャーハン。
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-04 18:56 | るる姉食堂
今回の旅は和菓子は出町ふたばさん以外はノーマークでしたが、
初日の下河原阿月さんの小豆の美味しさにすっかりはまり、
その後は和菓子屋さんばかり覗いていました。
どこも美味しそうだったけれど、中でもホテルの裏道で偶然見つけたこの月餅家さんは
今回一番のお気に入りのお店となりました。

こちらで購入したのは、中にたっぷりのこしあんが入ったわらび餅(3個入り570円)と
粟餅(円)粟の風味が香ばしい小さな粟餅も美味しかったけど、口の中でとろけるわらび餅が
すっごく美味しいです。
小さいのに1個190円と消して安くはないけれど値段だけの事はある!

d0144092_2364430.jpg

うかつにも乱雑に持ち帰ってきてしまったので、
箱を開けたら柔らかいわらび餅が箱の端にすべてよってしまい無残な姿になっていました。
写真用に丸めて写したけど本当はもっとキレイな形をしていました。

お店のご主人がとても良い感じの方で、
試食用にこんなちょっとしか買わなかったのに心のこもった対応をしていただいて、
店を出た後もとても気分が良かったです。
包装紙もかわいい!

d0144092_2365756.jpgd0144092_237338.jpg
粟餅(手前)とわらび餅(奥)

(有)本家 月餅家
京都市中京区木屋町三条上ル上大阪町530-1
[PR]
by haru-ajisan | 2006-05-03 23:05 | 全国美味通信

海と山と富士山のある沼津での美味しい暮らし♪


by るる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31